7月6日 新潟で醸しましょう

こんばんわ。

日々暑さが増してきましたね。

ああ、夏が近づいてるなあ

そんな日差しがぐいぐいと増してます。




夏の季語といえば、甘酒。ですよね。

暑さで体力も落ちやすく、江戸時代は夏に亡くなる人が多かったそうです。

新潟の夏の暑さの質が変わってきた気がします。

そして現代の夏はクーラーの冷えもつきもの。

電車でもビル内でも。むしろ夏の方が冷えが目立つくらい。

では、どうしようか…ということで

ぷくぷくな甘酒と、生姜酵母を一緒に仕込みましょう。

何時間も炊飯器や鍋を使いません。

サラっと、シュワシュワっと夏に嬉しい甘酒です。




新潟市小針にある素敵なBlue Moon Cafeさんで、是非ぜひご一緒に

醗酵教室 新潟 ~ぷくぷく甘酒と生姜酵母の会 2014/07/06~

☆日 程  7月6日(日)13:30~17:00  
☆参加費  初回お試し価格 7850円(試食・材料費込み)
☆持ち物  ○おろし金
      ○保冷バック  
      ○保冷剤(冷凍済みのもの)
      ○筆記用具   
      ○ハンドタオル(○エプロン)
☆会場   Blue Moon Cafe
        新潟市西区小針2-40-10  
        http://www.blue-monn-cafe.jp/

☆申込・問合  mugenn_koubou☆ybb.ne.jp (☆を@にかえてください)
   前々日の午前中迄にメールでお申し込みください。



Blue Moon Cafeさんの店内で過ごす時間はとっても心地よいですよ。

ピンとこられましたら、ぜひぜひご一緒に。




通常営業のお時間では

醗酵を楽しんでくださってるオーナーGonちゃん様の

心休まる空間で、気持ちの入った料理をいただくのもオススメです。

丁寧に過ごせる時間を自分へのご褒美に。




また新潟の皆さんにお会いできるのが楽しみです。

密かに夜の田んぼのかえるの合唱も楽しみです。

地平線にたなびく稲穂の波も美しくなっていることでしょうか。

そして醗酵を楽しんでくださっているGonちゃん様のカフェメニューを

胃袋の底から楽しみにしております。




楽しく仕込んで、夏を乗り切る準備をしましょう~

美味しく楽しく美しく季節を迎えてまいりましょう。
スポンサーサイト

肌の変化

20140520_1.jpg


こんにちわ。

恵の雨ですね。

昨日は教室のあと、お鷹の道を散策しました。

よもぎの見分け方の実演、場所によっての草の表情の違い、など

実際に体験して頂きながらの散策もいいものですね。

お鷹の道では写真のように水芭蕉が見頃ですよ。




さて。手前味噌な話で恐縮ですが。

肌がきれいですね、と言われることが昔よりずっと増えました。

しかも。

半徹夜状態&ほぼすっぴんでお会いしているときにでも。

一時期は、皮膚科に通うほど大量の手強い紫色の吹き出物に悩まされていたというのに。




当時と今との違いといえば… 

生活のペース

ストレスの量

食事の質・量・バランス・タイミング

野口整体との出会い

カラダの声をきこうとすること

などなど…




そりゃあ肌も荒れるよ、胃腸も潰瘍ができるよね

という生活&心の持ち方そのものでしたから(^^;




カラダの声は心の奥の声だったりもします。

今の体に何か不調を持っている方、もっと元気になりたい方が

教室に来てくださることも少なくないです。




元々の個々の体質を、心のクセを理解して

出来るところから少しずつでも。

生きてるかぎり、人間は変化できます。

フジツボみたいでかわいそう」と言われていた肌でも

今の肌に変わったのですから。

肌の他にもいろいろと嬉しい変化が起きています。




もっとワクワクな方向へ☆

宜しければ、ご一緒にぷくぷく醸していきましょう



6月22日(日)13:30~16:00 梅酵母(予定) @国分寺
6月24日(火)11:00~13:30 梅酵母(予定) @国分寺
6月24日(火)14:00~16:30 トマト酵母(予定) @国分寺
7月6日(日) 13:30~17:00 ぷくぷく甘酒と生姜酵母の会 @新潟
7月13日(日)13:30~16:00 トマト酵母(予定) @国分寺
7月15日(火)11:00~13:30 玉ねぎ酵母(予定) @国分寺

本日、ヨモギを中心とした和ハーブの会終了しました

0520写真 4


こんばんわ。

今日は湿気が多かったですね。




本日、ヨモギを中心とした和ハーブの会がわいわいと終了しました。

少人数クラスならではのゆったりペースで

のびのび仕込むのもまた乙なものです。

特に手仕事が細かい作業でしたので

少数精鋭とでも申しましょうか。




ヨモギさんはかなり古くから親しまれていた存在です。

怪我をした時にも。お灸をする時にも。

婦人科系の漢方薬としても。

様々に活躍してくれるとても働き者な草なんです。

日本各地にどこにでも存在しているのでついつい雑に扱いがち。

すぐそこに薬箱が存在しているのに気づかないようなもの。

これを機会にぜひ野生の草さんもご活用頂けましたら幸いです。




この時期は草餅、笹団子として食べる機会もあるかと思います。

お菓子としてでなく、主食としても副菜としても是非!

線維豊富なヨモギを食べることで腸をきれいに。

腸をきれいにして血もきれいに!



【本日の試食】
・フーチバージューシー(沖縄郷土食・よもぎ炊き込みご飯)
・白身魚のソテー よもぎソース
・よもぎの天ぷら
・よもぎのクッキー あんこ添え
・醗酵トマトクッキー(特別出演)

0520写真 3



食べていただいて、一緒に腹に落とし込みましょう。

6月・7月国分寺開催の予定です。

6月22日(日)13:30~16:00 梅酵母(予定)
6月24日(火)11:00~13:30 梅酵母(予定) 
6月24日(火)14:00~16:30 トマト酵母(予定)
7月13日(日)13:30~16:00 トマト酵母(予定)
7月15日(火)11:00~13:30 玉ねぎ酵母(予定)

どうぞ宜しければご一緒に(^-^) 

お申し込みは kamossiya☆gmail.com 宛にご連絡くださいませ(☆を@に変えてお送りください)


かえりみる&次を考える

またしても、こんばんわ。




最近、大断捨離祭り&香川での思い出を満喫中です。

いろんなもの・ことに再開が続いていて、

「あ、やっぱりこういうのが好き」ということの連続です。




先日出てきたのは、受験の時に立ち寄った美術館で買ったしおり。

ミレーの絵の中でも特にお気に入りの、農婦が子供に食事を与えている絵。

ほわんとした色彩、やわらかいタッチ、

小さな子ども達が小鳥のひなのように並んで食事を待つ、

母親がスプーンで食事を与えている、というのどかな風景。

やっぱりこういうの、好き。




香川の神社でも、大きな木に再会。

数年前に全く同じ場所、同じアングルで同じ木に見とれる。

そして同じ想いが浮かぶ。

やっぱりこの木、なんだよね。




お世話になったお宅のワンちゃんは初対面。

昔可愛がっていた叔母の犬との交流を思い出す。

そうそう、この一途さと温かさ。動物たちの健気さ。

純粋な気持ち&愛情表現、なんだよね。




はたまた、田んぼの片隅でウキウキとヨモギを摘んでみたり

ふふふふふ…と菌さんたちの具合を見ながら醗酵させてみたり(あ、これはいつもですね




そうなの、こういうの好き~ ということの連続。

その状態が好きなら、今の状態って… じゃ、どうしようか。




どうやら。そんな時期らしかったです。

八田先生のブログにありました。

てんびん座での火星逆行

何か日々のヒントになるかもしれません。

是非ご一読、いやいや熟読オススメいたします。




梅、トマトの会については

日程決まり次第告知しますね。








日曜☆納豆の会、終わりました

こんばんわ。

昼間はとても暑かったですね。




昨日は日曜☆納豆の会でした。

手作りわら納豆の味を食べて育った方が来てくださいました!

小さな頃から、野生の納豆菌の香りと味を知っているなんて素敵ですね。




そんな豊かな味覚経験を持った参加者さんに

ご試食いただいた試食の納豆さん。

ご感想は…

とーってもご満足頂きました!!!!

大変喜んで、味わっていただけて、なんとも有難いことです。

素敵な感想もいただけて、もったいないことです。





本物の味を知っていらっしゃるだけに。

本当の味を再現したいというお気持ちを大切に。

お手伝いさせて頂けたことを嬉しく思っています。

野生納豆菌さん&地大豆のみなさんや

それらを育ててくださった生産者さんにも感謝ですね




日本ならではの醗酵食&保存食の数々。

日本食文化の数々。

手作りの良さ。

素敵なものがたくさんあります。




そんな素敵なものと仲良くして

カラダも腸も心も耕していく。

そんなことを伝えていけたら、と思っております。




次は梅、トマトが主役になる会を企て中です。

どうぞ宜しければご一緒に醸しましょう。



今週も素敵な日々でありますように☆


乾物のススメ

こんにちわ。

風が強かったですね。




数ヵ月前に非常食のシンポジウムへ行ってきました。

大切なのはストックしていても使いこなせるか。

缶詰には缶切りもしくは、開ける知恵を工夫。

生鮮食品がなくても乗り切れるか。

賞味期限自体が切れていないか。

食べて気持ちもほっとできるか。

いろいろ注意点はありますね。




3年前の震災の時、都内では生鮮食品やパンの品切れが続いていました。

ですが、Kaorinはほぼ普段と変わらない食事をしていました。

米・切干大根・ひじき・雑穀・高野豆腐・昆布などの乾物類、

梅干・お味噌などの醗酵食を愛用していたからです。

とても不規則な仕事をしていたので、買いに行く回数を減らしつつ

常温で長期保存がきき、栄養面でも不足がないように。

そんな基準で選んでいたものが、まさかの大活躍。

普段とほぼ変わらない食事だったため、

食に対する不安感や不足感もほぼありませんでした。




折しも旧暦では今は夏。

梅雨入り直前です。

梅雨といえば、乾物の入れ替え時期。

乾いているとはいえ、湿気をおびては味も落ちるし

ましてやカビが生えたら食べずに土に返してしまうことに…

なのでこの時期は乾物のストックの見直しと消費にオススメです。

そして不足があれば買い足す。




梅雨の時期に使い切る、お試し、と考えて

この時期に乾物さんとお近づきになってはいかがでしょう?

乾物は歯ごたえもあるので満腹感も満たされます。

おやつに切干大根をそのまま噛み締めても美味しいですよ

高野豆腐も小さいサイズなら使いやすいです。

スルメや魚介類もおいしい出汁が取れるし、スープ類にもオススメです。




保存食&醗酵食の豊富な日本食文化って素晴らしい!と惚れ直してしまうかも




佳い週末でありますように☆



5/18(日)納豆の会、お陰様で締め切りました。ありがとうございます。

5/20(火)ヨモギを中心とした和ハーブの会、引き続き受付中です。

いよいよ日曜日 再び、「納豆の会」

こんにちわ。Kaorinです。

急に気温が高くなりましたね。

水分とってますか?




18日の日曜日は「納豆の会」です。

その日、国分寺市では「緑のぶんじフェスタ2014」が開催されます。

ぶんじバル要・事前チケット予約~5月16日(金)午前0時まで

☆不動橋ポケットパーク祭り

☆アンティークアヴェニューフェスタ

☆緑のギャラリーウォーク

☆こくぶんじ朝市

☆はらっぱ・まるいものあそび

☆ぶん馬車




納豆の会の前にお立ち寄り♫

納豆の会のあとに美味しいお酒とお食事♫

いろいろとはしごも楽しそうですね。




良い天気に恵まれますように☆


医・食・農につなげる人づくり ~未来を生きるこどもたちのために~

10308451_10202981498492634_7287839855518366287_n.jpg

こんにちわ。Kaorinです。

どんな週末でしたか?




香川県の丸亀市へ行ってきました。

「医・食・農につなげる人づくり~未来を生きるこどもたちのために~」

5名の素敵な先生方が暖かい目線で

実践されていらっしゃる内容はどれも素晴らしく。

ボランティアのスタッフの皆様も素敵で

イベント主催者の方ももちろん素敵で。

なんとも温かい気持ちの会場の雰囲気は

帰りの飛行機にのるのが名残惜しかったくらい




全ては「未来ある子供達へ」という想いのもとに




お話しも聴いたし、あとは日々実践あるのみ。

講師のおひとり、吉田俊道先生がお話してくださった

「生ごみリサイクル元気野菜づくり」の実習があります。

5月18日(日) 田んぼで夏野菜講習  ←詳細はクリックしてください☆

香川県の三豊市です。

お近くならぜひぜひ!

素敵でチャーミングな則久さんの畑で出来る実習。

お野菜も菌ちゃんたちもワクワク育ちそうです。




今週も素敵な日々でありますように☆


紅大豆さん

実は紅大豆さん、ちょっと思い出もあり

思い入れのある大豆のひとつです。

そんなうちあけ話です。

長いのでお時間あればお付き合い頂けますと幸いです。




日本の在来種の大豆、いわゆる地大豆は名前がわかっているだけで

300あると言われています。

紅大豆さんもその地大豆の中の一つです。




先日のアースデイではあちこちのブースで

紅大豆さんが販売されていたようですね。

川西町で大事に大事に自宅のお正月用に育てられていた紅大豆さん。

それがあんなに大きなイベントであちこちで売られてるなんて。

それもこれも、ひとえに川西町のSさんのご活躍があったから、

と今も思っています。




10年近く前、カフェスローさんでのイベントで

地大豆を使ったお豆腐の食べ比べをしました。

紅大豆さんのお豆腐はうっすら紅色で

なんとも上品なほのかな色合いで美しく

味もほんのりと甘みがあり美味しかったのを記憶しています。

その時に聴いたのか、トージバさんに聴いたのか

山形の川西町の地元のおばあちゃんたちが田んぼのあぜで

ずぅっと育て続けていた大豆さんなのだと。

よくぞ絶えずに今まで続いていて、お豆腐さんの姿で

美味しく目の前に現れてくれました。




そのうちに、アースデイマーケットに

紅大豆のふるさとである川西町から町役場のSさんが

紅大豆の宣伝&販売に来てくださるようになりました。

川西町はダリアと牛で有名な町、なんですよ。

と、にこにこと快活にお話をしてくださいました。




Sさんはたった1度きりというのではなく

何ヶ月にもわたって参加してくださいました。

土と平和の祭典にも、アースデイにも参加してくださいました。

あるときは生産者の方々とご一緒に。

あるときはガス圧仕掛けのポン菓子製造機とともに。

あるときは甘いお菓子の姿になった紅大豆さんと共に。

あるときはゆでただけで美味しい状態になっている紅大豆さんと共に。

ほかにも、ほかにも…



普段は週5日びっちり働くお役所勤めのはず。

毎月上京というのはとても負担が大きかったはず。

顔を覚えていただき、お話をするようになると

頂いた名刺には、紅大豆以外にも担当がありそうな気配。

普段はきっと山形でお忙しいのでは…

にもかかわらず、お会いする時はいつもニコニコとお声をかけてくださいました。




紅大豆さんの知名度アップ、紅大豆さんの買い手の拡大、

新たな戦略を常に考えていらっしゃったのではないでしょうか。

紅大豆さんで川西町の活性化。

紅大豆さんが広まることで在来種である紅大豆さん自体も生き延びる。

地元の生産者さんたちを守るため。

Sさんはいろんな人のために活躍されていたのでは。




今や、紅大豆さんはNPOトージバさんだけでなく

お豆さんをいろいろ扱うべにや長谷川商店さんにも

銀座にある山形県のショップにもお取り扱いがあります。

Sさんの度重なる上京しての広報活動や営業はもちろん、

川西町のHPを拝見すると

川西町で生産者さんたちに協力してもらえるようにお話を重ねたり

生産者さんたちとの勉強会を行っていたご様子です。




地方は過疎、農家さんは高齢化の一途をたどる中

名も知られないまま、作られなくなっていく地大豆さんもいるのではないでしょうか。

紅大豆さんも川西町のおばあちゃんちのお正月用に細々続けられていた存在。

それが今や。




Sさん自身のブログに、度重なる上京をされてた数年後

ご病気であちらの世界に籍を移されたとありました。

Sさん、すごいですね。紅大豆さんがこんなにも広がりましたね。

今までたくさん働いていらした分を

あちらの世界でゆっくりお休みになっていらっしゃることと思います。



心よりご冥福をお祈り申し上げます。




最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。


5月の教室のご案内

こんばんわ。夜は冷え込みますね。

朝から揺れてびっくりな目覚めではありませんでしたか?




ご案内です。

5月の教室は「納豆」「蓬を中心とした和ハーブの会」です。




納豆は冬が旬と言いますが、一年中いろんなお野菜さんと

あわせて味わって楽しみたい食材です。

大豆自体を変えて仕込むだけでも、随分味が変わります。

大豆さんも、大粒小粒、黄大豆、白大豆、紅大豆、黒大豆。

味だけでなく、食感もそれぞれ。

野生の納豆菌で仕込みます。




そして新緑眩しいこの季節。

蓬を中心に和の草たちと戯れてみましょう。

特に蓬はいろいろなお助けマン。

沖縄ではよく食されていますね。

太陽と雨だけで生きている草たち。

その生命力の強さにあやかってみませんか?




5月18日(日)13:30~ 納豆の会 @国分寺

5月20日(火)11:00~ 蓬を中心とした和ハーブの会 @国分寺

どちらも参加費 4000円(試食・お土産付き)




ピンときましたら、どうぞご一緒に醸しましょう。

手を使い、自ら作ることで楽しみも味わいも増してきますよ




明日も佳い日でありますように☆