塩分補給



強い日差しが続いてますね。

最近、スムージーを楽しんでます。




中でもお気に入りなのが

空芯菜と夏子夏をベースにしたもの。

日によって杏やゴーヤやバナナ、

酵母液を加えて。

更に最後に塩をほんのちょっぴり。




自分で作ってて塩無しスムージーだと

飲んだあとに物足りなくなるんです(^_^;)

汗かきなので塩分不足になってるのか

果物&葉物実物野菜で陰性に傾きやすいからなのか。

クーラーで冷えて陽性を欲しているのか。

多分、そんな要因だと思います。




まるでスポーツドリンク状態

糖分と塩分と水分を混ぜてますもんね。

気が向くと更にココナツファイバーやマヤナッツも入れてます。




塩は素材の魅力を引き出す力も大きいです。

塩入りスムージーは味が引き締まって

より一層美味しく感じますよ




そして、汗ってかなり塩辛いですよね。

塩気やミネラルも体の外に出ていってるってことですから。

汗をかいたら水分も必要ですが

塩分もどうぞ忘れずに




ちょびっと塩入スムージー、お気に入りです。

よかったらお試しくださいませ











スポンサーサイト

醗酵を続けての変化・続き



夜風が涼しいですね。

これから8月になるということを忘れてしまいそうです。




さて、先日書いた「醗酵を続けての変化」の続きです。

変わったことといえば、味覚の変化もおおきいです。

(これも個人差がとても大きいと思います)




味覚は元々の個人差が大きいし

好みも違うので数値では比較しにくいものです。

ただ、いえるのは

「これ好き~♡おいし~♡」 「う…これはちょっと…(ーー;)」

というような差が益々はっきりと出るようになりました。




味覚は体にとって「安全かどうか」「必要かどうか」を

分けるセンサーだと思います。

美味しい・するする体にしみこむ=体に欲しい食材・食べごろ

美味しくない・違和感を感じる=体に欲しくない食材・食べごろじゃない

そんな感じでしょうか。




化学調味料ははっきり「美味しくない」と

感じていますので、必要ないってことなのだと思っています。

理屈で言えばいろいろあるのですが

なにせ体も味覚も喜んでないのですから。




とはいえ、一緒にご飯を食べる時に

そういうお店ってことも時々あります。

そんなときは口に入れる量を少なめにして

出来るだけよ~~~~~っく噛んでます

食事中はスープだろうとお水だろうとあまり飲みません。

水分は食事が終わってから。

食後の眠気は少しマシになっていると思います。




外食の際、あれ?と思ったら

ひとまず唾液で化学調味料を出来るだけ分解するのもいいかもです。

あるデータでは唾液でグルタミン酸の量が

半分位に減るという報告もあります。

自らのカラダ本来の力を使って少しでも快適に。




よく噛むことのメリットはいろいろありますね




明日もぷくぷくでありますように☆

醗酵を続けての変化

こんばんわ。

醗酵を食べていて変わったことをまた一つ

書こうと思います。




菌ちゃん達と仲良くしていると

外食と自分で作ったものを食べたあとの差が

とても極端になりました。

具体的に言うと 食後の眠気 がはっきり違います。

(あくまで個人の体感です)




ランチで外食したあと眠くてウトウト…という

ご経験はありますか?

全てがそうとは限らないのですが

そのあがらえない程の眠気は

中華料理店症候群」も考えられるかもしれません。


※中華料理症候群…グルタミン酸症候群。

頭痛、顔面紅潮、発汗、顔面や唇の圧迫感などの

症状から構成される症候群。

1960年代に中華料理を食べた少数のアメリカ人が

食後に炎症を覚え、眠気、顔面の紅潮、掻痒感、頭痛、体の痺れ

そして軽度の背中の無感覚などの症状が見られた。

これらの症状の大部分は悪化することはなく、

しばらくすると消失するというものである。

この症状は間もなく「中華料理店症候群」という呼び名がつけられた。

(ウィキペディアより)





個人的な体感なので

症状の一つですが…

起きていられないほどの眠気、

血が頭から引いてクラクラする感覚になるほどです。

お店によっても、メニューによっても

クラクラ加減は違います。

これは起きてられない…というか

貧血で倒れる前ってこんな感じかも?

そんな感覚です。




蛇足ですが、起きていられないので

やむなく缶コーヒーを飲むと

これまたびっくり。

ちょっと数口飲んだだけで

「シャキーン」としっかりきっちり

目が覚めるんですよねぇ。

あんなにだるく倒れそうなほどの体感はどこへ?

成分的なことは説明不可能ですが

体感的にはものすごいシーソー状態。

内心、「猫目錠」ってこんな感じだったのかしら?

なんて思ってみたりもしています。


※猫目錠… 別名「ヒロポン」。大戦中に国が発行してた覚せい剤。

当時の作家や芸術家にも愛用者が多く、

作品の文中に「ヒロポンを買いに」というくだりがあるとも聞きます。




外食はカラダ的にジェットコースター状態になることも。

菌ちゃんたちを食べてると、そんなことはありません。

むしろナチュラルにスッキリ。疲れも抜けやすい気がします。

胃ももたれません。(あくまで個人の体感です)

この体感の差は個人差がとても大きいと思います。




思うのですが、

ご自身のカラダは一生死ぬまで

24時間365日、常に付き合う大事な存在です。

丁寧に扱って一生仲良くしていきたいものですね



素敵な三連休でありますように



7/15 玉ねぎの会終了

20140715_134138.jpg


7月15日、玉ねぎの会がわいわい楽しく終了しました。

ありがとうございました。

試食は…

・玉ねぎ酵母のたれ 3種 + 焼き野菜

・玉ねぎ酵母のミニ点心

・玉ねぎ酵母の豚肉ソテー

・玉ねぎ酵母炒飯

・玉ねぎ酵母スープ

・玉ねぎ酵母クラッカー

<ゲスト出演>
・醗酵調味料「いしり」味(イカの魚醤)のタコ炒め

・醗酵梅ジャムのパウンドケーキ

こんなに気前よく試食振舞うって馬鹿?ってくらいですよね。笑

今回を逃した皆様、誠に残念です。

次回はここまでするかどうかは自分でも分かりません。




美味しい水の土地から来てくれた玉ねぎさん。大活躍です。

澄んだ美しいお姿に見入ってしまうほど…うっとり。

なんと今回は素敵な飛び入りゲストやサプライズも!

醗酵話や不思議な人のつながりにびっくりしたり。

番外編で梅ジャムケーキも登場しました。

さわやかな酸味と甘みのハーモニーで締めくくり。

なんともサプライズな会となりました。

こんなにサプライズだらけの会も珍しいです。




醗酵自体が美味しく変身するサプライズ。

さらに料理が美味しく体に嬉しくなっちゃうサプライズ。

菌ちゃんたちの働きでミネラルもUPなサプライズ。

なんともありがたいことです。




8月以降のお知らせはまた今度に。


20140715_CAKE.jpg

乾物のススメ

こんにちわ。

風が強かったですね。




数ヵ月前に非常食のシンポジウムへ行ってきました。

大切なのはストックしていても使いこなせるか。

缶詰には缶切りもしくは、開ける知恵を工夫。

生鮮食品がなくても乗り切れるか。

賞味期限自体が切れていないか。

食べて気持ちもほっとできるか。

いろいろ注意点はありますね。




3年前の震災の時、都内では生鮮食品やパンの品切れが続いていました。

ですが、Kaorinはほぼ普段と変わらない食事をしていました。

米・切干大根・ひじき・雑穀・高野豆腐・昆布などの乾物類、

梅干・お味噌などの醗酵食を愛用していたからです。

とても不規則な仕事をしていたので、買いに行く回数を減らしつつ

常温で長期保存がきき、栄養面でも不足がないように。

そんな基準で選んでいたものが、まさかの大活躍。

普段とほぼ変わらない食事だったため、

食に対する不安感や不足感もほぼありませんでした。




折しも旧暦では今は夏。

梅雨入り直前です。

梅雨といえば、乾物の入れ替え時期。

乾いているとはいえ、湿気をおびては味も落ちるし

ましてやカビが生えたら食べずに土に返してしまうことに…

なのでこの時期は乾物のストックの見直しと消費にオススメです。

そして不足があれば買い足す。




梅雨の時期に使い切る、お試し、と考えて

この時期に乾物さんとお近づきになってはいかがでしょう?

乾物は歯ごたえもあるので満腹感も満たされます。

おやつに切干大根をそのまま噛み締めても美味しいですよ

高野豆腐も小さいサイズなら使いやすいです。

スルメや魚介類もおいしい出汁が取れるし、スープ類にもオススメです。




保存食&醗酵食の豊富な日本食文化って素晴らしい!と惚れ直してしまうかも




佳い週末でありますように☆



5/18(日)納豆の会、お陰様で締め切りました。ありがとうございます。

5/20(火)ヨモギを中心とした和ハーブの会、引き続き受付中です。